坐骨神経痛 | 症状別施術例(腰)

症状
・坐骨神経痛とは、臀部から大腿の後ろ、または外側を通り足先まで痛む神経痛のことを指します。
・腰痛を伴う方が多い
原因
  • 腰痛がある
  • 骨盤がずれている
  • 臀部から大腿の後ろの筋肉が硬くなり、坐骨神経を圧迫する症状。
* お尻から足の後ろ側の筋肉が硬くなると、坐骨神経を圧迫して痺れや痛みを引き起こします。
施術法
  1. 背骨の矯正を行います。
  2. 背中の筋肉のこりを取り除く施術を行います。
  3. 腰の筋肉をほぐす施術を行います
  4. 股関節の筋肉をほぐす施術を行います
  5. 大腿筋をほぐす施術を行います
  6. お尻から太ももの筋肉(ハムストリング)をほぐす施術を行います。
  7. 骨盤矯正を行います
  8. 体全体に異常が無いか調べます。
  9. 筋肉がほぐれて、骨盤が安定してくると、痺れの時間が減っていきます。
  10. 筋肉が完全に改善し、骨盤のズレ癖が無くなったら、痺れはなくなります。
  11. 2週間症状が何も出なければ、施術終了です
ホームに戻る