鬱病

本、

「うつの8割に薬は無意味」

井原医師によると、うつの8割の人に抗うつ薬が効かないことは、精神科医・製薬会社の人たちが古くから知っている常識だといいます。

20年近く前の研究論文からも、8割の人に抗うつ薬が効かないことは既に分かっていたそうです。また最新の研究でも同じような結果が出ています。

知っていて、それじゃ、なぜ抗うつ薬を出すの?という話ですが、その理由は、「8割に効かなくても、2割の患者さんを救えるのなら抗うつ薬を使うべきだ」と考える精神科医と製薬会社が多いためだそうです。
2008年以降、抗うつ薬SSRIとプラセボ(偽薬)の効果を比較した結果、軽症および中等症までのうつ病では有意差は認められず、最重症例でのみ有意差が示されたという論文も複数発表されました。

つまり、うつ病の大半を占める軽症~中等症のうつ病には、SSRIの効果は小麦粉と大差なかったということです。

では8割という数字は、どこから出てきた数字なのでしょうか?井原医師は次のように説明しています。

NNTという薬の効能を示す指標があります。NNTは、ある出来事が一人に生じる為に、その処置が何人に必要かを表すものだそうです。2009年に発表された論文によると、うつ病にSSRIを処方した場合のNNTは7~8。つまり、抗うつ薬で治るのは7~8人のうち1人です。

2012年に発表された論文ではNNT3~8でした。間をとって仮にNNT5とすれば、抗うつ薬が効くのは20%。つまり8割の患者には無意味ということになります。

これらの数々の研究論文から、世界中の学会が軽症うつ病に対して抗うつ薬を第一選択からはずしました。

2012年、日本うつ病学会も、軽度うつ病に対する積極的な抗うつ薬投与を推奨しないとしましたが、しかし現実は、抗うつ薬の投与は減っていないといいます。

効果が期待できないことが分かっている薬をなぜ処方し続けるのか・・・その背景には製薬会社の販売戦略と、薬物療法しか学んでいない精神科医たちの事情があるといいます。

実は、精神科医の多くは精神療法が出来ないんだとか。今の大学病院には精神療法を教えられる教師がほとんどいなく、教授ですら精神療法を自信をもって語ることの出来る人は極めて少数だそうです。

そのために多くの精神科医は薬物療法しか学んでいないため薬を出すことしか出来ないのが現実だそうです。

かつては日本人にそれほど多い病気ではありませんでした。それが1999年を境に急激に増えていき、たった9年で2.4倍にも膨れ上がり100万人を超えました。

うつ病が急激に増えた背景には、1999年に抗うつ薬が認可されたのを機に、製薬会社が精力的に行なったうつ病啓発キャンペーンの影響があります。

「うつは心の風邪」の有名なキャッチコピーです。この手法は、うつ病を大げさに喧伝(けんでん)して、不安をあおり、本来はうつ病とはいえない「悩める健康人」を大量にうつ病に仕立てあげたのです。

このキャンペーンで、日本でも、うつ病を急増させ、抗うつ薬の売り上げは、SSRIが認可される前年(1998年)の売り上げの173億円から2007年には1000億円を超えました。

またSSRIには、吐き気や下痢、不安、不眠など様々な副作用がありますが、中には自傷、自殺、他人に危害を加えるなど危険な副作用が出る場合もあります。

私の知る限りでは鬱病は”親との関係性”だと思います。

例えば、肉体的・精神的虐待/親の不倫を見た/家族間の殺人/親の突然死/親に愛された実感が無いなど心の傷だと思います。

これらは本当に薬で改善しますか?

本人が親とじっくり話し合う
本人が大人になって親を許す

などではないでしょうか?

ドイツ式整体では、不眠症から鬱病になった場合のみ対応致します。

不眠が続くとやはり正常な判断がつき難くなり、鬱病と診断されてしまいます。

詳しくはコチラ