片頭痛

髪の毛を縛ると、”頭痛”がするとき、ありませんか?

この頭痛は、”ポニーテール頭痛”と呼ばれている頭痛です。
また、”ポニーテール頭痛”の中には、ハーフアップスタイルにしているときや、
お団子ヘアにしているときも含まれます。

”ポニーテール頭痛”の一番の原因は、髪の毛を縛ることによって、
頭皮が一箇所に引っ張られるため、血流が悪くなることにあります。

血流が滞ると、筋肉も固くなり、頭全体が冷えて、”頭痛”となります。

また、髪の毛を縛ると、髪の毛の重さも一点に集中してしまうので、
重さも頭痛の原因になります。

さらに、髪の毛を高い位置で結ぶのは、毛の生え方に逆らうことにもなるため、
頭皮に負担です。強く結ぶと、頭痛とは別に、頭皮が痛くなることありますよね?
また、髪を解いたときにも痛くなりますよね?それも、同じ理由です。

冷えは、頭皮だけに留まらず、首や肩にも影響があります。
ポニーテールや、お団子ヘアは、首にかかる髪の毛がなくなるアップスタイル。
首周りも冷えるため、頭痛を更に促進し、首こり、肩こりを併発することも…。

偏頭痛持ちの方は
”ポニーテール頭痛”のときは、髪の毛を解かないと、治らないときもあります。

ひどいときは、吐き気がするほど気持ち悪くなることもありますので、
多少でも頭痛を感じたら、縛り方を変えるなり、髪の毛を解くなり、
頭痛薬を飲むなり、何らしかの対処した方が良いです。

縛る位置をせいぜい、耳の高さ程度にする、
ゴムではなく、バレッタや、クリップを使用することで、頭痛予防ができます。

あまりに頭痛がひどいときは、低い位置に変えたり、しばらく解いておく、
ゴムを使用しないなどの方法で、対処してみてください。

ポニーテールにするときは、首まわりが冷えないようにすると良いです。
夏場はなかなか難しいですが、ストールや、マフラーをすると、
頭痛になりにくくなります。

また、オフィスなどでは、ホットタオルを使用すると良いです。
首まわりを温めることによって、頭皮の血行も良くなり、症状が緩和されます。

ホットタオルは、タオルとお水、そして、電子レンジで簡単に作れます♪
水を絞ったタオルをレンジの中に入れ、温めるだけで簡単に、
ホットタオルを作ることができます。

熱いお湯を用意して、絞る方法もありますが、ヤケドすることもあるので、
電子レンジでホットタオルを作る方が、簡単ですし、安全です。

と言われていますが、

ポニーテールや髪の毛を縛ることで、片頭痛が出るのは、髪の毛が原因ではありません。

基本的に片頭痛の施術で改善します。

原因は背骨の曲がり(猫背)です。

猫背になると、肩や首が懲ります。

すると・・・

頭の脳圧が高くなり、頭の筋肉が懲ります。

すると、頭に走っている神経を筋肉が圧迫します。

これにより、頭痛が起こるのです.

薬は、改善してるのではなく、痛みを麻痺させているだけで、何の治療にもなりません。

根本から改善してみませんか?

詳しくはコチラ