ドイツ式整体とは?

ドイツ式整体(カイロプラクティック)とは、完治を目的とした施術法

  • 治療計画の通りにご来院いただくと、治療回数が少なく済みます。
  • ストレッチの指導もあり、壊れにくい体作りも行っています。
  • 最初は3~4回と継続して施術をした方がより効果が発揮されます。
    ※楽になるまで週に2回は続けなければ、効果が出にくい場合があります

特徴

こんな方にオススメ!

何年も整形外科や整体(カイロプラクティック)、針、灸と色々と試しても症状が改善せず良くならない方、そんな方にはドイツ式整体(カイロプラクティック)がオススメです。

施術法

日本で施術を始めて、1度も事故はありません。

整体(カイロプラクティック)で「骨が折れないか心配」という話を聞きますが、ドイツ式整体(カイロプラクティック)ではその心配はありません。

ドイツ式整体の歴史

ドイツ式整体の教祖
美座時中氏

昭和5年当時、最先端のドイツへ留学した美座時中氏は、「カイロプラクティック」や「オステオパシー」を学びました。その腕は " 奇蹟的霊腕 " や " 驚くべき偉効 " と、新聞にも絶賛されました。その後、1928年に東京でカイロを基礎にした美座療法を開始しました。

協会写真
美座療法の協会

昭和5年に「美座式保健治病術」、昭和6年には「美座療法とカイロー物語」を出版。
各地で講演を依頼され、軍隊や警察署、三越、鐘紡などの大企業の職場、工場、大学、教会でも療法を公開。
「美座療法」の全国的な普及につとめ、1,000人を超える数多くの協会員を得ました.

全国的に普及し、人気を博した美座式でしたが、敗戦によるアメリカGHQの政策によって鍼灸などと同様にカイロプラクティックは全て禁止され、美座療法の協会も解散させられてしました。

その弟子、カイロプラクター姫野源次郎の息子(故)、姫野修拓(故)、政財界、芸能界、ブルネイ国王の治療家として、活躍をしていました。

院長の本山 剛は、姫野氏に直接教えを受け、開業の許可を得たカイロプラクターです。

雑誌、速攻リラックスれしぴ「お昼休み&会社帰りのリラクゼーションSPOT 全166軒」にも選ばれ、WOM TVにも出演。
これまでに3万人以上の患者さんを施術してきました。

フライデー特集記事 表紙
フライデー特集記事1
姫野修拓
フライデー特集記事2
速攻リラックスれしぴ「お昼休み&会社帰りのリラクゼーションSPOT 全166軒」
ホームに戻る